永代供養の落とし穴

永代供養の落とし穴

最近、いろんな媒体の広告で永代供養という言葉を目にします。心配なら神奈川 永代供養こちらで!
本来永代供養とは子孫が先祖をずっと
祭っていくことを意味するらしいのですが、最近は子孫に代わって寺が供養を行うことを意味することが
多いようです。参考にしたのは永代供養 神奈川←このサイトです。
私も興味を持って、広告を出している近くの寺に話を聞きに行ったことがあります。まずは神奈川 納骨堂←このサイト。
その結果、想像とはちょっと違うことがわかりました。実際はずっと供養してくれるのではなく、供養は50周忌
までで、あとはまとめて年1回供養を行うということでした。ずっと供養してほしいと思う私にとっては
ちょっと期待と異なる内容で、結局話をきいただけで終わってしまいました。
それに、もし寺の後継者不足などで廃寺になったらどうなるのでしょう?期間中はおそらくほかの寺で
供養してもらえると思うのですが…。もっと知りたい方は納骨堂 神奈川こちらで!

 

死んだあとのことを考えるのもばかばかしいと思わないでもないですが、たまにはこんなことを考えて
見るのもよいかと思った出来事でした。詳しい情報は神奈川 永代供養 納骨堂←こちらから